歴史おたくの作品倉庫

歴史関連のイラストや漫画、コラムなど。好きな分野は中世英仏、絶対王政、イスラーム、中国王朝。

中世英仏漫画”ししそん” 第2章 1-2

時は1187~88、リチャード・フィリップはv.s.ヘンリで共闘中です。

★画像が見づらい場合、新しいタブで開くと拡大表示できます。

《解説》

・一石二鳥

実際、フランスからの十字軍には国王フィリップの他にフランドル伯、シャンパーニュ伯、ブルゴーニュ公等並み居る大諸侯が参加した。しかもほとんど現地で没したため、王権が拡大する一助となった。

 

・40年前

1144年、ルイ7世と当時フランス王妃だったアリエノールが第2回十字軍に出立した。この遠征が両者の決裂を招いたことも、こちらで書いてるので参考までに。

akahigerobin.hateblo.jp

 

・ヘンリ・フィリップと十字軍

1188年、ティルス大司教はヘンリ・フィリップ両王の前で聖地の支援と十字軍への参加を訴えた。

ヘンリは統治が生き甲斐みたいな人なので、十字軍遠征で領地を離れるつもりは毛頭なく、代わりに経済的支援を行った。 

一方のフィリップはどうかと言えば、一般的なイメージとは異なり、十字軍への参加自体には積極的だった。カペー朝は教会の守護者と振る舞うことで権威を高めていたためだ。とはいえ男子不足のカペー家のこと、戦死の危険もありうる十字軍遠征には後継者問題がつきまとう。結局1187年に王子ルイが誕生し、フィリップもようやく十字軍参加の決断が出来るようになった。

というわけで、ヘンリはともかくフィリップは作中のように嫌々参加表明したわけではなかったりする。