歴史おたくの作品倉庫

歴史関連のイラストや漫画、コラムなど。好きな分野は中世英仏、絶対王政、イスラーム、中国王朝。

中世英仏漫画 ししそん 第1章 12-1

★縦書き本を読む要領で、読む順番は右→左です。 

★画像が見づらい場合、新しいタブで開くと拡大表示できます。

前ページ:中世英仏漫画 ししそん 第1章 11-2 - 歴史おたくの作品倉庫

f:id:clanker208:20220404145757j:plain次ページ:中世英仏漫画 ししそん 第1章 12-2 - 歴史おたくの作品倉庫


《解説》

・知的営み

ジョンは読書好きで、移動の際にはつねに本を携帯していたり、ウィンザー城所蔵の本を読破したりの逸話が伝わっている。(世界史的な)有名どころだとプリニウスの『博物誌』とか、アウグスティヌスの『神の国』等を読んでいたようだ。騎士道物語や詩ではなく実用・哲学書系が多いのが彼らしい。

 

・人生最大の汚点

人好きのする性格で戦争バカ強のリチャードの後だから余計嫌われる羽目になったという意味でも、戦による財政難・国力疲弊を押し付けられたという意味でも。